当局へのお問い合わせはこちら

外来診察へのお問い合わせはこちら

当局へのお問い合わせはこちら

外来診察へのお問い合わせはこちら

TOP > 医療関係者の皆様へ > 教室紹介

医療関係者の皆様へ

教室紹介

教室の目標

外科医は ”Surgical artist” であり、”Surgical scientist” でなければならない。

『臨床』、『研究』、『教育』の各分野における”経験”を重視した、
疾患別グループによる積極的な研究活動を行います。

臨床、研究、教育の経験

  • 臨床
    高度な手術手技
    先進医療
    手技の工夫
  • 研究
    発癌のメカニズム
    癌の発育・進展
    効果的治療の確立
  • 教育
    人間性の涵養
    知識の運用(問題解決型)
    手技のトレーニング

教室の取り組み

消化器外科医を目指す若人のための鏡視下手術トレーニングを行っています。(学生対象)

今や日本での鏡視下手術の症例は伸び続けており、今から消化器外科医を目指す皆さんには必須手技になることが予想されます。 そこで、当科では消化器外科医を目指す若人にいち早く、手術の難しさ、楽しさを実感していただくために、鏡視下手術のトレーニングを行っています。腹腔鏡下手術トレーニングシミュレータを用いた鏡視下手術の基本鉗子操作の習得や腹腔鏡下胆嚢摘出術の疑似体験、さらにはドライボックスを用いた結紮縫合手技の習得を通じて、外科医としての達成感、充実感をいち早く体験していただいています。2日間の集中トレーニングを行い、最終日にはトレーニング修了書を授与しています。

  • 取り組み様子1
  • 取り組み様子2
  • 取り組み様子3

後期研修医を対象とした手術トレーニングも行います。

  • 取り組み様子4
  • 取り組み様子5
国内・海外留学
教室員には海外・国内留学を積極的に勧め、国際社会の中での日本の位置づけを意識させながら、研究・教育に取り組んでいます。今年度も多くの医局員が海外留学する予定です。
留学レポートはこちら >
留学生レポート

ご挨拶

令和2年度がスタートしました。昨年度末からの新型コロナウイルス感染(COVID-19)の世界的蔓延、いわゆるパンデミックで、世界中が恐怖におののき、委縮する中で新年度を迎えることになりました。

感染者、死亡者の急増に伴い、また医療崩壊の危機に直面し、全都道府県に緊急事態宣言が発せられ、不要・不急の外出制限が出されて、学校も休校となりました。さらには、様々な業種、特に三密の可能性が高い業種を中心に休業要請が出され、スポーツイベント・コンサート・芸術関連イベントなどの社会活動が低迷し、世界大恐慌以来の経済の悪化が懸念される事態となっています。

歴史を振り返ると、人類はこれまでも感染症との戦いに幾度も直面してきました。ペスト、梅毒、天然痘、結核、コレラ、スペイン風邪、エボラ出血熱、AIDS、SARS、MERSはじめ、感染症が大規模に流行するたびに多くの人命が失われてきました。一方で、研究の進歩により迅速かつ的確な診断ができるようになり、またワクチン開発などの予防や治療法開発が進展しましたが、これまでに人類が根絶できたのは天然痘のみ(1980年世界保健機関総会で確認)であります。

地球上の生物の中で、人類ほど、他の生物を犠牲にし、絶滅の危機に瀕する状況に追い込んできた生物はいないかもしれません。自分たちの生存のためにあらゆる動植物を食用とし、快適な生活を送るためにCO2の排出を続け、地球温暖化から地球そのものの環境破壊に至まで人類が最も大きな関与をしています。そのような中で起こった今回の新興感染症による世界同時多発のパンデミックはある意味、人類への警鐘を鳴らしているのかもしれないと感じています。

今回の、COVID-19は中国武漢で発生したものの、飛行機をはじめとして世界の交通網の発達、世界規模での人の交流と物流など、ボーダレス特有の短期間での感染の拡大となりました。加藤茂孝著の「人類と感染症の歴史」・「続・人類と感染症の歴史」を読むと世界的なパンデミックを起こす要因は、人口の密集と迅速な交通手段の2つが条件として重要とのことで、今回のパンデミックもまさしく、これらの要件を満たしていることになります。ヒトの感染症でわかっている限りその70%は動物由来であると考えられ、今回のCOVID-19の原因ウイルスはSARS-CoV2とされており、元来コウモリがその宿主であるようですが、これからの研究でその伝搬経路や特性が明らかになることと思います。また、一日も早く効果的な予防法、治療法が確立されることを願うばかりです。今回のCOVID-19を克服する過程で、多くの研究・診療の経験を通じて、医学・医療が更に発展し、またbig dataの効果的な活用法が開発されることを期待するばかりです。

今回のコロナウイルスのパンデミックによって、多くの医学系の学会・研究会が中止、あるいは延期になりました。また、結果として、学会、あるいは研究会や委員会のため出張することがなくなり、医師になって初めて出張のない生活を経験しています。COVID-19感染患者の受け入れ、治療に当たられている多くの医療関係者の活躍に心より感謝し、また、同じ医療者として少しでも役に立てることがないかを考えながら、日々生活していますが、この時間を有効に活用するために、今何をすべきかを模索しているところです。

さて、新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延の影響で、56年ぶりにわが国で開催される予定であった東京オリンピック2020も延期されることが決定しました。終息の目途が立たず、感染拡大を防ぐために各国で厳重な移動制限が行われる状況では、延期はやむを得ない判断と思いますが、最も大切なことは選手たちの夢と希望を叶えるためにも、是非とも完全な形でオリンピックを実施してほしいと思います。選手は、持てる時間のすべてを練習につぎ込み、多くの選考レースを経てようやく代表の座を射止め、心身とも最高のコンディションでオリンピックに出場できるように調整し、そしてメダル獲得を狙うものです。

延期となると、モチベーションを落とすことなく気持ちを立て直し、血を流すような日々の厳しい練習に向かい続け、最高のコンディションを維持する必要があります。大会関係者には是非ともこの選手たちの気持ちを十分理解し、最善の環境で最良の大会ができるよう努力してほしいものです。また、世界中のアスリートが今回のコロナの蔓延に立ち向かい、スポーツを通して世界が協力し合い、夢の祭典で最高の結果を残すことで、この感染症を克服してほしいものと、一国民として願うばかりです。

今年は、熊本地震から4年目を迎えています。熊本城天守閣の大天守外観復旧、阿蘇の崩落で途絶えていた国道57号線の復旧や新しい阿蘇大橋の完成も間近に迫り、また熊本駅周辺の再開発、空港の民営化はじめとして地震からの復興が加速度を増しているように感じます。2022年に第122回の日本外科学会を熊本で開催させていただく予定ですが、昨年完成した熊本城ホールを中心に、来熊される全国の外科医の皆さん方に満足いただける学会を開催できるように、これから準備に邁進したいと考えています。

今年の消化器外科の目標は、1)働き方改革に向けた安全かつ最先端の医療を実施しながらも、効率的で超過勤務の少ない勤務環境を確立すること 2)外科手術における更なる低侵襲手術の一環としてロボット支援手術の適応範囲の拡大 3)最新の研究を強力に推進し、国際共同研究の輪をさらに広げることなどを考えています。

熊本大学消化器外科は、熊本県内唯一の特定機能病院として、地域の医療機関の最後の砦となるべき役割を十分認識し、最新でかつ最高の医療を提供することで、患者・家族の期待に応え、また関連病院との密な連携の下、指導的立場で情報を発信できるよう日夜努力していきたいと考えております。当科では24時間対応のホットラインを導入しておりますので、いつでもお困りの際は直接ご相談いただけますと幸いです。

2020年4月

教授写真
熊本大学大学院生命科学研究部
消化器外科
教授馬場 秀夫

教室の歴史・沿革

熊本大学消化器外科学教室は、熊本大学の大学院大学への改組に伴って平成15年の4月1日に誕生しました。それまでは旧1外科、旧2外科、それぞれに伝統が育まれてきましたが、統合により外科の中では最も大きな教室になりました。

教室の歴史・沿革

教室の歴史・沿革

©2018 kumamoto-gesurg